がわおメモ

どこかの誰かのお役に立てれば。

はてなスペース終わってしまうのですね

space.hatenastaff.com

ついさっき知りました。。。 サカナクションのスペースを作って遊んでいました。

久しぶりに覗いたら、スパムみたいのが大量に投稿していてびっくりです。

iPhone5sをiOS9にアップグレード!。。出来ず

OSXYosemiteにしたついでにiOS9にしたらアップグレード出来ませんでした。。(泣)

iPhone5s /iOS7。
iOS8には上げずにずーっと放置していたのですが、OneNoteのアプリを使いたくてアップグレードすることに。
ちらっと調べた感じだと、iPhone5sでのiOS9の動作には問題なかったようなのでアップグレードしてみたところ、無事にアップグレード完了!と思いきや スライドでアップグレード という文言が表示されて全く反応せず。。。
Twitter上でも同じ不具合の方が沢山。

寝て起きたら治ってる事を期待しつつ寝て起きたわけですが、当然何も解決しておらず。。

色々調べていた所、こちらにたどり着きました。

www.reddit.com

取り敢えずiPhoneを使えるようにするために、一番上にあるコメントの通りに 8.4.1 を入れることに。
自分のiPhoneiPhone 5s(GSM) だったのでこちらをダウンロード。

記述通りに進めていき、DFUモードにしてoptionキーをクリックしながら復元をクリック。
ダウンロードしたファイルを選択して復元。
しばらく待つとアクティベート画面が出ました。

アクティベートして、保存していたバックアップから復元を試みました。(バックアップ取っておいてよかった。。)

見事復活!!!!ε-(´∀`*) iOS 8.4.1 になってました。
ゲームのデータを心配していたのですが、無事でした。よかった。

iOS8.4.1からiOS9へのアップグレードは問題ないようですが、ちょっと怖いのでもう少し様子を見ることにします。

DayOne Syncも出来るようになったし、 Score! Hero (サッカーゲーム)も進められるようになりました。
OneNoteのアプリも入って快適。

取り敢えずこれで外に出れます。

この一件でiPhoneへの依存度がすごいと思い知らされました。
目覚まし、時計、乗り換え、地図、連絡先、予定、、、ないと外出出来ない(´・ω・`)

何か対策考えないとー


最近はcocos2d-jsを使ったお仕事しています。もうあっぷあっぷして泡吐きながら仕事しています。がんばろう。

LINEスタンプ売上と統計情報

LINEスタンプが承認されてから1ヶ月が経過したので、売上と統計情報を見てみた。

売上レポート

2月

f:id:gawao:20150403150144j:plain

  • 2/27日リリース
  • 自分で購入した分と友達が買ってくれた分。ありがとうございます

3月

f:id:gawao:20150403150210j:plain

  • 3月前半は友達の知り合いの方が買ってくれたとのこと。ありがとうございます
  • 3/31に異変が!3個位売れている・・・一体何があったのでしょうか

4月

  • 売れてません(^^)

統計情報(送信スタンプ数)

f:id:gawao:20150403150233j:plain

  • 3/1〜4/2までのエリア別の送信スタンプ数を見てみると、3/31に台湾で使われていることがわかった
  • 3/31の売上は台湾の方!(多分。ありがとうございます。)
  • 3/31→88個、4/1→177個、4/2→101個と結構使ってくれているみたい。ありがとうございます。ありがとうございます。

売れないのでしばらくレポートを見ていなかったのですが、久しぶりに見たら売れていて嬉しいです。
台湾の方(多分)が使ってくれている事が嬉しい!!
私立恵比寿中学さんのファンの方かな?違うかな?どっちでもいいけど嬉しい!
お友達が作ったスタンプも無事に承認されたようなので、売れるといいなぁ。

チュー犬も絶賛販売中⊂゚U┬───┬~

storyboardを使わずに姓名診断アプリを作る

ドットインストールの以下のレッスン

dotinstall.com

を、storyboardを使わずにswiftのみで作ってみる。

storyboardを使わないプロジェクト作成

これ参照

画面に必要な部品

姓名診断画面

f:id:gawao:20150330002724j:plain

診断結果画面

f:id:gawao:20150330002756j:plain

NavigationControllerを設置してタイトルを表示

参考

012 UINavigationControllerの表示 - Swift Docs

コード

AppDelegate.swift 抜粋

var window: UIWindow?
var myNavigaionController: UINavigationController?

func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: bject]?) -> Bool {

    // ViewControllerを生成
    let myFirstViewController: ViewController = ViewController()
    // Navigation Controllerを生成
    myNavigaionController = UINavigationController(rootViewController: myFirstViewController)
    
    self.window = UIWindow(frame: UIScreen.mainScreen().bounds)
    self.window?.backgroundColor = UIColor.whiteColor()
    // Navigation ControllerをrootViewControllerに設定
    self.window?.rootViewController = myFirstViewController
    self.window?.makeKeyAndVisible()
    
    return true
}

ViewController.swift(姓名診断画面) 抜粋

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    // タイトルを設定する
   self.title = "姓名診断"
}

実行結果

f:id:gawao:20150330002913j:plain

ViewControllerの追加と部品の配置

参考

コード

ViewController.swift(姓名診断画面)

import UIKit

class ViewController: UIViewController, UITextFieldDelegate {

    let sendButton: UIButton = UIButton()
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Controllerのタイトルを設定する
        self.title = "姓名診断"
    
        // UITextFieldを作成する
        let name: UITextField = UITextField(frame: CGRectMake(0, 0, 300, 30))
        // 最初に表示する文字を設定
        name.text = "名前を入力"
        // Delegateを設定する
        name.delegate = self
        // 枠を表示する
        name.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect
        // UITextFieldの表示する位置を設定
//        name.layer.position = CGPoint(x: self.view.frame.width/2, y: 150)
        name.layer.position = CGPoint(x: 160, y: 150)
        // Viwに追加する
        self.view.addSubview(name)
        
        // 送信ボタンを設定する
        sendButton.frame = CGRectMake(0, 0, 50, 40)
        // 背景色を設定する
        sendButton.backgroundColor = UIColor.lightGrayColor()
        sendButton.showsTouchWhenHighlighted = true
        // 枠を丸くする
        sendButton.layer.masksToBounds = true
        // タイトルを設定する
        sendButton.setTitle("Send", forState: UIControlState.Normal)
        sendButton.setTitleColor(UIColor.blackColor(), forState: UIControlState.Normal)
        // コーナーの半径を設定する
        sendButton.layer.cornerRadius = 10.0
        // ボタンの位置を指定する
        sendButton.layer.position = CGPoint(x: 340, y: 150)
        // タグを設定する
        sendButton.tag = 1
        // イベントを追加する
        sendButton.addTarget(self, action: "showResult:", forControlEvents: .TouchUpInside)
        // ボタンをViewに追加する
        self.view.addSubview(sendButton)

    }

    /*
        ボタンイベント
    */
    func showResult(sender: UIButton) {
        // 移動先のViewを定義する
        let resultViewController = ResultViewController()
        // ResultViewに移動する
        self.navigationController?.pushViewController(resultViewController, animated: true)
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

ResultViewController(診断結果画面)

import UIKit

class ResultViewController: UIViewController {
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // Controllerのタイトルを設定
        self.title = "診断結果"
        
        // Labelを作成
        let label: UILabel = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 200, 40))
        // 背景色を付ける
        label.backgroundColor = UIColor.lightGrayColor()
        // 文字を代入
        label.text = "あなたの点数は…"
        // テキストを中央寄せにする
        label.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        // ラベルを配置する座標を設定する
        label.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width / 2, y: 200)
        // ViewにLabelを追加
        self.view.addSubview(label)
        
        // 診断結果表示Labelを作成
        let resultLabel: UILabel = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 200, 80))
        // 枠線を付ける
        resultLabel.layer.borderColor = UIColor.redColor().CGColor
        // 枠線の太さ
        resultLabel.layer.borderWidth = 2.0
        // 文字を代入
        resultLabel.text = "100点"
        // テキストを中央寄せ
        resultLabel.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        // フォントサイズを大きくして太字に
        resultLabel.font = UIFont.boldSystemFontOfSize(64)
        // ラベルを配置する座標を設定する
        resultLabel.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width / 2, y: 300)
        // ViewにLabelを追加
        self.view.addSubview(resultLabel    )
        
    }
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

実行結果

f:id:gawao:20150330003218j:plain f:id:gawao:20150330003235j:plain


ここまでで、

  • Sendボタンをクリックして診断結果画面に遷移
  • 診断結果画面から姓名診断画面に遷移

は出来た

姓名診断のText Fieldで入力した値のチェック・値を診断結果画面に表示・点数を表示

参考

010 UIAlertControllerでアラートを表示 - Swift Docs


ここではまってしまった。。。
segueを使わないで画面間で値を受け渡すやり方がわからずに2時間くらい悩んでいた。
名前受け渡し用の変数を作り、そこに値をセットするようにしたら出来たが、これでいいのか・・

コード

ViewController.swift(姓名診断画面)

import UIKit

class ViewController: UIViewController, UITextFieldDelegate {

    let sendButton: UIButton = UIButton()
    var nameField: UITextField!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Controllerのタイトルを設定する
        self.title = "姓名診断"
    
        // UITextFieldを作成する
        nameField = UITextField(frame: CGRectMake(0, 0, 300, 30))
        // 最初に表示する文字を設定
        nameField.placeholder = "名前を入力"
        // Delegateを設定する
        nameField.delegate = self
        // 枠を表示する
        nameField.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect
        // UITextFieldの表示する位置を設定
        nameField.layer.position = CGPoint(x: 160, y: 150)
        // Viwに追加する
        self.view.addSubview(nameField)
        
        // 送信ボタンを設定する
        sendButton.frame = CGRectMake(0, 0, 50, 40)
        // 背景色を設定する
        sendButton.backgroundColor = UIColor.lightGrayColor()
        sendButton.showsTouchWhenHighlighted = true
        // 枠を丸くする
        sendButton.layer.masksToBounds = true
        // タイトルを設定する
        sendButton.setTitle("Send", forState: .Normal)
        sendButton.setTitleColor(UIColor.blackColor(), forState: .Normal)
        // コーナーの半径を設定する
        sendButton.layer.cornerRadius = 10.0
        // ボタンの位置を指定する
        sendButton.layer.position = CGPoint(x: 340, y: 150)
        // タグを設定する
        sendButton.tag = 1
        // イベントを追加する
        sendButton.addTarget(self, action: "showResult:", forControlEvents: .TouchUpInside)
        // ボタンをViewに追加する
        self.view.addSubview(sendButton)

    }

    /*
        ボタンイベント
    */
    func showResult(sender: UIButton) {
        // 空文字チェック
        if nameField.text == "" {
            showAlert()
        } else {
            // 移動先のViewを定義する
            let resultViewController = ResultViewController()
            // ResultViewに移動する
            self.navigationController?.pushViewController(resultViewController, animated: true)
            
            // TODO これで渡せるな・・?
            resultViewController.myName = nameField.text
        }
    }
    /*
        エラーアラートを表示
    */
    func showAlert() {
        // UIAlertControllerを作成する
        let myAlert = UIAlertController(title: "エラー", message: "診断したい名前を入力してください", preferredStyle: .Alert)
        // OKのアクションを作成する
        let myOkAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .Default, handler: nil)
        // OKのアクションを追加する
        myAlert.addAction(myOkAction)
        // UIAlertを発動する
        presentViewController(myAlert, animated: true, completion: nil)
        
    }
    
    /*
    改行ボタンが押された際に呼ばれる
    */
    func textFieldShouldReturn(textField: UITextField) -> Bool {
        
        // returnを押すとキーボードが隠れる
        textField.resignFirstResponder()
        
        // sendButtonと同じ処理を
        sendButton.sendActionsForControlEvents(.TouchUpInside)
        return true
    }
    
    /*
        UITextFieldが編集された直後に呼ばれる
    */
    func textFieldDidBeginEditing(textField: UITextField) {
        println("textFieldDidBeginEditing: \(textField.text)")
    }
    
    /*
        UITextFieldが編集終了する直前に呼ばれる
    */
    func textFieldShouldEndEditing(textField: UITextField) -> Bool {
        println("textFieldShouldEndEditing: \(textField.text)")
        return true
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

ResultViewController(診断結果画面)

import UIKit

class ResultViewController: UIViewController {
    
    // 入力された名前を入れる
    var myName: String = ""
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // Controllerのタイトルを設定
        self.title = "診断結果"
        
        // Labelを作成
        let label: UILabel = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 200, 40))
        // 背景色を付ける
        label.backgroundColor = UIColor.lightGrayColor()
        // 名前を代入
        label.text = "\(myName)の点数は…"
        // テキストを中央寄せにする
        label.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        // ラベルを配置する座標を設定する
        label.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width / 2, y: 200)
        // ViewにLabelを追加
        self.view.addSubview(label)
        
        // 診断結果表示Labelを作成
        let resultLabel: UILabel = UILabel(frame: CGRectMake(0, 0, 200, 80))
        // 枠線を付ける
        resultLabel.layer.borderColor = UIColor.redColor().CGColor
        // 枠線の太さ
        resultLabel.layer.borderWidth = 2.0
        // 点数を表示
        let score = arc4random_uniform(101)
        resultLabel.text = "\(score)点"
        // テキストを中央寄せ
        resultLabel.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        // フォントサイズを大きくして太字に
        resultLabel.font = UIFont.boldSystemFontOfSize(64)
        // ラベルを配置する座標を設定する
        resultLabel.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width / 2, y: 300)
        // ViewにLabelを追加
        self.view.addSubview(resultLabel)
        
    }
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

f:id:gawao:20150330003821j:plain f:id:gawao:20150330003833j:plain


ここまでで大体機能は出来たので、細かいところを変更

修正点

結果画面から姓名診断画面に戻った時に名前が入ったままなので消す

姓名診断画面を表示した時にテキストフィールドにフォーカスをセットする

参考

UITextField、UITextViewのフォーカス制御 - iOSアプリ開発トピック

ViewController.swift(姓名診断画面)

    /*
        Viewが表示される直前に行う処理
    */
    override func viewWillAppear(animated: Bool) {
        super.viewWillAppear(animated)
        // 名前入力テキストフィールドを空にする
        nameField.text = ""
        // 名前入力テキストフィールドにフォーカスする
        nameField.becomeFirstResponder()
    }

キーボートのreturnSendに変える

参考

UITextField/UITextViewの文字入力で覚えておくと便利なこと

ViewController.swift(姓名診断画面)

override func viewDidLoad() {
// 〜省略〜
        // キーボードのReturnキーをSendに変える
        nameField.returnKeyType = UIReturnKeyType.Send
        // Viwに追加する
        self.view.addSubview(nameField)
// 〜省略〜
}

結果画面を表示したときに姓名診断画面の「テキストフィールドとボタン」が少しの間表示されているので消す

こんなやつ

f:id:gawao:20150330004040g:plain

ResultViewController(診断結果画面)

    /*
    Viewが表示される直前に行う処理
    */
    override func viewWillAppear(animated: Bool) {
        super.viewWillAppear(animated)
        // TODO viewの背景色を設定
        // これで前の画面の残像(テキストフィールドとボタン)は消えたけど・・・??
        self.view.backgroundColor = UIColor.whiteColor()
    }

f:id:gawao:20150330004114g:plain

残像が消えたようだけどこれでいいのか・・・??

完成

画面

f:id:gawao:20150330004147g:plain

コード

iOSで姓名診断アプリを作る swift版


やりたいことは出来ましたが、何だかスッキリしない(>_<)

storyboardを使わずにiOSでおみくじを作る

ドットインストールの以下のレッスン

dotinstall.com

を、storyboardを使わずにswiftのみで作ってみる。

storyboardを使わないプロジェクト作成

を参考にして作成。ありがとうございます。

  • Single View Applicationを選択してプロジェクト作成
    • プロジェクトの設定ファイルの変更
      • Deployment Info -> Main Interface の中のMain削除
    • Main.storyboardLaunchScreen.xibを削除
    • AppDelegate.swiftapplicationメソッドにコードを追加
func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
    // ====↓追加=====
    self.window = UIWindow(frame: UIScreen.mainScreen().bounds)
    self.window?.backgroundColor = UIColor.whiteColor() // 背景白
    self.window?.rootViewController = ViewController() // ViewControllerを指定
    self.window?.makeKeyAndVisible()
    // ====↑追加====
    return true
}

画面に必要な部品

  • ラベル1(あなたの運勢は・・・)
  • ラベル2(フォント大きめ。おみくじの結果を表示)
  • ボタン1(クリックすると占いを実行し、占い結果をラベルに表示)

ラベルとボタンを配置してみる

参考

001 UILabelで文字を表示 - Swift Docs

007 UIFontで文字を装飾 - Swift Docs

002 UIButtonでボタンを表示 - Swift Docs

感謝。

f:id:gawao:20150327150555j:plain

ボタンをクリックした時の処理を追加

ボタンをクリックした時にコンソールに出力するようにしてみる

// イベントを追加する
divineButton.addTarget(self, action: "onClickDivineButton", forControlEvents: .TouchUpInside)
 

/*
    占うイベント
*/
func onClickDivineButton(sender: UIButton) {
    println("onClickDivineButton: ")
    println("sender.currentTitle: \(sender.currentTitle)")
}

ボタンをクリックしてみるとエラーが(ヽ'ω`)・・・??

MyOmikujiSwiftOnly[12918:4911213] -[MyOmikujiSwiftOnly.ViewController onClickDivineButton]: unrecognized selector sent to instance 0x7fdba25bdeb0
2015-03-27 11:24:26.043 MyOmikujiSwiftOnly[12918:4911213] *** Terminating app due to uncaught exception 'NSInvalidArgumentException', reason: '-[MyOmikujiSwiftOnly.ViewController onClickDivineButton]: unrecognized selector sent to instance 0x7fdba25bdeb0'

メソッド指定時にコロン:が付いていなかった!!

// メソッド指定にコロンを追加
// イベントを追加する
divineButton.addTarget(self, action: "onClickDivineButton:", forControlEvents: .TouchUpInside)
onClickDivineButton: 
sender.currentTitle: Optional("占った!")

成功!!

適当に装飾

  • Labelの背景色
  • 枠線、角丸、フォントサイズ
  • ボタンの背景色、角丸

f:id:gawao:20150327150958j:plain

完成

f:id:gawao:20150327151053g:plain

ソースコード

はまったところ

  • storyboardを使わずにプロジェクを作る方法がわからなかったので検索していくつか試した。時間かかった
  • 乱数を取得し、その数でenumから値を引っ張ろうとしたがやり方がわからずなかなかうまくいかなかった

storyboard使わないと位置の調整とか大変そう。
使ったら使ったで、複雑になってくると大変なのかな。。。
enumとか上手く使えるようになりたいです。
少しずつ作っていってコツを掴んでいきたい所存です。

Swift入門メモ -ジェネリクス-

24 ジェネリクス

dotinstall.com

  • 抽象化されたデータ型
  • どのような型が来てもOK
    • <T> -> Tは何の型が来てもいいという意味
// ある整数を指定した個数分だけ集めた配列を返す関数
func getIntArray(item: Int, count: Int) -> [Int] {
    var result = [Int]()
    for _ in 0..<count {
        result.append(item)
    }
    return result
}

getIntArray(5, 5) // [5, 5, 5, 5, 5]


/*
  getIntArrayを拡張してString型やFloat型にも対応させたい
    -> そのために使えるのがジェネリクス
*/

// 関数の後に型の名前を書く
// 「T」は何の型が来てもいいという意味
func getArray<T>(item: T, count: Int) -> [T] {
    var result = [T]()
    for _ in 0..<count {
        result.append(item)
    }
    return result
}


// 整数型
getArray(3, 4) // [3, 3, 3, 3]

// String型
getArray("EBC", 8) // ["EBC", "EBC", "EBC", "EBC", "EBC", "EBC", "EBC", "EBC"]

// Float型
getArray(3.1419, 2) // [3.1419, 3.1419]

Javaにもこんなのあったような。。
一先ずドットインストール終了(^ν^)

Swift入門メモ -extension-

23 extensionで機能拡張

dotinstall.com

  • 既存のデータ型、クラス、構造体を拡張する
    • String,Intの基本データ型以外にもクラス・構造体・列挙型にも使える
  • 何らかの機能を追加したいときに使う
extension String {
    var size: Int {
        // 自身の文字数を返す
        return countElements(self)
    }
    func ebc() -> String {
        // 何が何でも"EBC!!!!"しか返さない
        return "EBC!!!!"
    }
}

var s: String = "hoge"
s.size // 4
s.ebc() //EBC!!!!

extension Int {
    func fjhss() -> Int {
        // 自身の数から12を引く(中学何年生?)
        return self - 12
    }
}

var age: Int = 12
age.fjhss() // 0
age = 33
age.fjhss() // 21